2017年08月17日

8月17日(木)

767916_2262839354_252large.jpg
今日は嫁はんと「どっか行きたい」と意見が一致して「ちょっとそこまでお出かけ」とゆー訳で、西脇の隣の多可町にあるジェラート屋さんへ行ったんですが、その道すがらたまたま(…マジでたまたまっス)廃線跡を発見したのです!
ボクは恥ずかしながら今まで“旧国鉄鍛冶屋線”という存在を知りませんでした。
加古川線の西脇市(=当時は野村)駅から分岐した13.2kmのローカル線で、かつては播州織の原糸や酒の米「山田錦」を輸送する貨物も走り栄えていたけど、国鉄民営化の3年後に廃線になったとのこと。

途中の旧市原駅にはキハ30が2両静態保存されてました。
地元出身の絵本作家=吉田稔美さんがデザインしたイラストが描かれており、渡り板にはサインと「キハ イチハラ号」と書かれてました。
廃線になっても、そこには鉄道愛が生きてました。

(旧鍛冶屋線/旧市原駅)

posted by 桂 しん吉 at 23:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: