2017年11月21日

11月21日(火)

image1.jpeg
昨日は東京の国立劇場小劇場で師匠の十三回忌の追善公演でした。
おおきな会場にたくさんの方にお集まりいただき、弟子として誠に嬉しくありがたい事でした。
ご来場くださった方々には厚く御礼申し上げます。
7人が揃うと不思議なもんで、…なんと言うか…
限られた持ち時間でもそれぞれの個性が働いて、例えばボクが言えなかったぶんを誰かがフォローしてるというか、全体を通してひとつの一門=師匠の空気を作るというか。
毎回それは必ずしも同じではないけど、方向性は一緒と感じる訳です。
…7人足しても師匠には及びませんけど。

ボクは、7人が揃うと他の6人に比べて地味(で不器用)だと(毎度)我ながら思いますが、一門のフォローで助けられてるなと。
でも、やっぱり不器用やなと。
反省やら何やら。
難しいです。

さて、今日は久々の撮り鉄の日!
朝から房総半島に向かいました。
今年初の紅葉…と思ったら結構散ってました。
ちょっとだけ残ってたもみじをパシャっと。

(小湊鐵道/上総大久保駅)
posted by 桂 しん吉 at 17:51| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
一門会楽しかったです!

みなさんそれぞれ個性的で面白いですが
7人揃った時の空気感というか関係というか
絶妙で大好きです。

またみんな来てください!
そして全員の落語が聞きた〜い!
リレー地獄八景もまた見たいな〜。
Posted by 祥 at 2017年11月21日 23:02
吉朝一門は国立劇場が良く似合う…口上の時にそう思いました。会が終わってロビーで「あれって明石飛脚って言うんだ〜。」ってご婦人が話されてましたよ。しん吉さんが一番目立ってたという事です。
Posted by ASHA at 2017年11月22日 08:44
>祥さま。
ありがとうございました!
東京で全員が揃うのは今後はちょっと厳しいかも…
1人事務所が変わりましたし。
そういう意味では十三回忌が開催できたのは貴重なことでして。

>ASAHAさま。
演芸場ではなく国立劇場で開催できたのは驚きでしたが、結果的に演芸場では入りきらないだけのお客様にお越しいただきましたので良かったです。
「明石飛脚」→東京ではないですもんね〜(ノ∀`)
良かったです〜!
Posted by しん兄。 at 2017年11月23日 00:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: