2018年06月21日

6月21日(木)

5529589200_IMG_6548.JPG
今日は尼崎の落語会でした。
誠にええお客さんで(演者の勝手な感想w)、こら行ける!と踏んで、歴史的な会にして初めて鉄道落語をしてきました。
「ヨほめ」
…ウケました!ヽ(´▽`)/
ありがとうございます、尼崎の皆さま〜!
自信につながりました〜!

(立花駅)
posted by 桂 しん吉 at 23:57| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「ヨほめ」拝聴しました

すると、コンテナ車を引き取った場合は「コほめ」になる訳ですね。
「時に車齢はお幾つくらいで」

あと、疑問点が2つばかり
「貨車にはブレーキがない」云々と「リベット『溶接』」。

機関車から編成全体にブレーキ管が繋がっていて、それとは別に車掌車(客車の場合は「〜フ」)に手ブレーキがついているのではないでしょうか?
また、リベットは「接合」と呼んでいるように思います。


Posted by at 2018年06月23日 01:49
ご指摘ありがとうございました。
勘違いしてた箇所があるようでした。
調べ直してみます。
Posted by しん兄。 at 2018年06月23日 02:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: